はじめての田舎暮らしを快適にする方法

田舎暮らし
スポンサーリンク

田舎暮らしといえば定年を迎えた人がのんびり余生を過ごす目的で移住するというように比較的年齢層の高い方に人気があるイメージでしたが、近年では30代などの若年層の方にも人気が集まりつつあり幅広い年齢層の方から注目されるようになってきました。
このように多くの方々が様々な目的を持って実行に移しているからこそ、予めご自身が田舎で暮らす事に対する目的や理想を明瞭にしておく事が田舎暮らしを快適にするためには重要です。

田舎暮らしのパターン

一言で田舎暮らしと言っても千差万別な形式に分かれています。
田舎暮らしにおいて目的に掲げられる事例が多いのが以下のようなパターンになります。

  • 定住(移住)
  • 週末利用
  • 別荘またはリゾート
  • 絵画や釣り、陶芸など趣味の為のスペース
  • 家庭菜園や農業

移動手段について

田舎には自然が溢れていてゆっくりと静かな時間が過ごせるという点は共通していますが、田舎での過ごし方により最適なロケーションは異なってきます。
当たり前ですが田舎で暮らそうということは検討しようとしている田舎の物件よりも多少なりとも都市部で生活をしているということになります。
中には完全自給自足で近代文明には頼らず生活するんだ!という強者もいるかもしれませんが、多くの方にとって田舎は周辺施設までの距離も遠くなり、公共交通機関の絶対数も少ないので、移動や買い物をする際には自らがハンドルを握り自動車を運転する必要が出てきます。

スーパーなどでの買い物も、徒歩や自転車ですぐ行ける距離にあれば必要な時に必要なものだけをその都度買えばいいですが、距離が遠くなれば何度も通うのはしんどいのでまとめ買いをしたくなります。まとめ買いをすれば荷物が増えるのでやっぱり車はあった方がよくなります。

都市部なら公共交通機関や周辺生活施設が整っているため自動車が無くても徒歩または自転車などがあれば生活ができるので、運転免許を有していないという方も珍しくないですが、田舎では運転免許を有していなければ生活を快適にする事が難しいので、運転免許を有していない場合は予め取得することも検討した方がいいかもしれません。
また、スーパーマーケットやホームセンター、病院など、主要な周辺施設までの距離とそこに行くまでの移動手段はチェックするようにしましょう。

情報収集について

田舎暮らしに注目が集まっている今日ではインターネットや雑誌などで田舎に関する様々な情報が手に入れられますが、本格的に移住を決断する際にはそれらの情報と合わせて、実際に現地に訪れて下見をする事が重要です。
現地に訪れて下見をして周辺で暮らす方々と話をして生の声を聞いたり、生活の様相や金銭面など具体的に考えていくとはじめての田舎暮らしが快適になります。

コメント