田舎暮らしを考えている人必見?田舎暮らし物件の特徴を解説!

スポンサーリンク

あこがれの田舎暮らし。
田舎暮らしは、自給自足できる田舎物件や古民家、自然を満喫できるログハウスなど、夢の住まい実現も難しくありません。

しかし、大自然に囲まれた地方でのスローライフを始めるには、まずは物件探しからとはいうものの慣れない土地での物件選びは、何から始めたらいいのか、悩んでしまいます。

あこがれの田舎暮らしを納得のいく形でスタートしたいけど、物件にはどのようなものがあるのかも、よくわかりません。

そこで、この記事では、田舎暮らしを考えている人のために、田舎暮らしの一般住宅・古民家・ログハウス・リゾートマンション・トレーラーハウスの特徴などを解説します。

田舎暮らしの建物の種類と特徴とは?

一般住宅

一般住宅とは、農家タイプ以外の在来工法の建物です。

農地は借地でも良いとか、土間やかまどの興味の無い人はこのタイプになります。

当然中古住宅ですから、部分的な補修は発生する事が多いですが、修繕費用は少なくて済むというのがメリットです。

家屋の程度によりますが、予算が合えば、小さい家を新築する選択もあります。

古民家

どこまでが古民家なのか判断基準は無いのですが、基本的には築年数が60年以上くらいの年数が目安になります。

家屋の形状は藁葺きにトタンをはったものが多いのですが、瓦葺きももちろんあります。

土間が有り、囲炉裏があり、屋根の吹き抜けなどは、徐々に減少してきているのが現状ですが、何とも言えない趣があります。

このような古い家屋はそのまま住める物件は希少ですが、必ずと言って良いほど補修が発生します。

しかし、古民家は日本家屋の風情や雰囲気がいいなど、人気のリノベーションでさらに格好がよくなり、比較的安価で買えるなどのメリットがあります。

ログハウス

ログハウスとは、「丸太組構法」を用いた建築物のことで、在来工法と同様の構造(軸組み)で、丸太材を柱として用いる建築法です。

「丸太組構法」というのは、丸太や角材(板ではない)を水平に積み上げ「耐力壁」を構成し、耐力壁相互の交差部で丸太材などを構造耐力上有効に組み合わせる構法のことをいいます。

日本では飛鳥時代に建てられた正倉院勅封蔵の校倉造りが最も有名で、これがまさに「ログハウス」です。

ログハウスは見た目がかっこいいですし、断熱・調湿性・耐火性に優れていて、木の香りや癒し効果があることが特徴です。

リゾートマンション

リゾートマンションとは、避暑地や海沿いリゾート地等に立てられたマンションのことで、観光地や温泉、スキー施設等の通常多くの人が休暇に訪問するようなエリアに建てられています。

通常のマンションとの大きな違いは、週末や限定した期間滞在することを目的としてつくられていることです。

また、非日常の空間を実現するため眺望が良かったり大自然の中に建っていたり、温泉やプール等の設備の付属した豪華なつくりとなっていたりすることも特徴的です。

そのため、管理費は通常のマンションと比べると高くなりがちです。

一方、一戸建ての別荘と違う点は、やはり集合住宅なので共用部の管理を管理会社に任せることができることです。

購入金額も低価格なので、週末だけ手軽に使いたい方には手の届きやすいタイプといえます。

また、高層マンションであれば眺望や観光地に多くロケーションが良く、温泉やプール等の共用設備が付属しているのも、一戸建て別荘との違いです。

トレーラーハウス

住む場所に縛られることなく、自由に移動して暮らす。

そんなライフスタイルに憧れを持つ人たちの間で、じわりと人気を集めているのがトレーラーハウスです。

自由に移動できる家という点では、「キャンピングカー」を思い浮かべる人も多いと思います。

しかし、こちらは給排水をタンクで行うなど、あくまで短期間の生活を前提としたものです。

長期間住むことを考えた場合、有力な選択肢となるのがトレーラーハウスでの暮らしです。

トレーラーハウスのメリットは、固定資産税がかからないことです。

水道、電気、ガスも引き込むことができ、家として十分な機能を満たしていますが、車両であっても自走できないことから、自動車税も納めなくていい。

一般的には車両扱いとなるため、固定資産税や不動産取得税はかからないのです。

このように経済的な面からも大きなメリットです。

また、設置後、即生活空間が生まれますし、家具付きモデルを買えばすぐ住めます。

また中古市場が活発で、運んで売ることも可能です。

まとめ

いかがでしたか。

ここまで、田舎暮らしの一般住宅・古民家・ログハウス・リゾートマンション・トレーラーハウスの特徴などを解説してきました。

田舎暮らしは十人十色です。

どのような、物件を選ぶのかは、ライフスタイルで決まります。

今回、解説してきた物件の特徴を考え、自分に合った物件を探すのが良いのではないでしょうか。

あこがれの田舎暮らし、もう夢ではないのかもしれませんね。

コメント