田舎暮らしをする前に調べておきたいこと

田舎暮らし
スポンサーリンク

これから田舎暮らしをはじめるのであれば、はじめる前に準備しておきたいことや調べておきたいことがあるので、それらを把握しておく必要があるでしょう。

実際に田舎暮らしをはじめてみると、自分の理想通りにはなかなかうまくいかないことも少なからずあるかもしれません。田舎に引っ越しをしてから後悔しないようにするためにも、はじめる前にやっておいた方がいいことがいくつかあります。

地域性について

まず最初に地元コミュニティの下調べを行っておきましょう。
田舎には都会では考えられないような風習が残っている場所も多くみられ、地元のコミュニティに参加しなければ、周囲から白い目で見られてしまったり、無視されてしまうこともあるかもしれません。地元でどのようなコミュニティ活動が行われているのか、その内容について下調べをし、自分が本当になじめるのかどうかを確認しておきたいところです。

同じように田舎ならではの祭りやイベントが行われるケースも多いので、これについても調べておいた方がいいでしょう。
地元で伝統的なイベントが定期的に開催されるようであれば、そのイベントへの参加は強制的に行われたり、開催費用を支払わなければならないこともあります。

住まいについて

古民家

田舎暮らしと言えば、古民家にあこがれる人も多いかもしれませんが、住宅の選び方にも注意が必要です。

古民家の場合、築50年から長いものなら100年以上経過している家が多いため、安いものであればほぼ土地値で購入できるものもあり、雰囲気の良い古民家を思ってもみないような破格の値段で手に入れることができるかもしれません。
ただし経年劣化している部分も多く、屋根や畳、水回りなどのチェックを忘れないようにしましょう。
またリフォームを考えている場合は想像以上に費用がかかる場合もあるので、注意しなければなりません。

別荘

田舎で暮らす場合のもう一つの方法として別荘地の物件を購入するのもおすすめです。別荘地に建つ中古物件なら比較的築浅の家もあり、リフォームなしで入居可能な物件も見つかるかもしれません。別荘地ならたまにしか来られない方や、住民さんでも元は都会から移って来られた方がほとんどなので先に述べたような強制的なご近所づきあいに参加する必要がありません。

別荘地で物件を探す上での注意点としては、放置されている建物がボロボロになって倒壊しそうになっていたり、雑草雑木が伸び放題になっているものがあり、危険であったり迷惑を被る場合がありますので、こういったものに隣接していないかをチェックする必要があります。

周辺環境

そしてやはり生活環境のチェックも重要です。ショッピングセンターは近くにあるのか、万が一病気になった時に利用することのできる病院や町医者、健康保健センターなどがあるのかどうかなども確認しておくことが大切です。

コメント