田舎暮らしのメリットとデメリット

スポンサーリンク

メリットについて

人口が集中している都市部はアスファルト舗装や高層ビルなどの人工物が多く、街の中に存在している木々も人の手により植樹された物なので、人口と街の規模が大きくなるほど自然を感じるためには遠くまで足を伸ばす必要性が生じますが、田舎暮らしをすると自然の中に身を置いて生活できます。
そのため田舎暮らしをすると休日などに自然を求めて移動するのではなく、普段から人間が自然と共存しながら生活を営む様子になりますし、身近に雄大な自然が存在している事によって空気も綺麗です。
そのように身近に様々な種類の木々や花々が存在していると、子供達は自然に木々や花々の名前を覚えるようになり、実際に昆虫に触れ合う事によって生体や命の大切さについても遊びながら学んでいきます。
自然環境に恵まれている田舎では、広大な敷地面積と良質な土壌を用いて畑作や稲作も盛んに行われているので、都心部で野菜やお米などを買い求める場合に比較し、小さな出費で多くの農作物が買い求められます。
もちろん、海に面している田舎暮らしを選べば高級な鮮魚が日常的に食卓に並べられるようになりますし、各家庭には都心部では得られない広大な庭も得られるので、個々が好きな野菜などを栽培し自給自足を楽しむ事も可能です。
野菜や鮮魚などに高めの価格が付けられて販売されていると、つい出来合えのお惣菜などに手を伸ばしてしまいがちになりますが、野菜などの食材をメインにした食生活に切り替えると身体が軽く感じられるようになる上、健康状態が健やかになります。
また、現代は以前に比べ近所付き合いが希薄になっていると言われる事例が多いものの、田舎暮らしにおいてはかつての密な近所付き合いが行われており、各家庭で栽培している野菜や仕事柄多くに手に入れられた農作物を無料で譲って頂ける機会は珍しくなく、地域に住む方々が皆顔見知りなのでまるで身内のように一緒に子育てをしてくれるというメリットもあります。

デメリットについて

豊かな自然に囲まれ静かに生活することができる田舎暮らしは、若い年代の人からも選ばれることが多くなっています。日常生活に必要となる情報も、インターネットなどを利用することができるため不便さを感じることが少ないのが現在の田舎暮らしの状況です。自然に囲まれた生活を子供にも体験させることができますが、田舎暮らしにはデメリットもあるので注意して始めた方がよいでしょう。
田舎暮らしは都会とは違い、交通手段が整っていないことが大きなデメリットの一つです。
車などの移動手段を用意できない場合は、バスなどの公共交通機関を利用することになります。
田舎といっても、そこに生活をしている人はたくさんいますからバスや鉄道などの公共交通機関が通っていることは少なくありません。近くに駅がなくてもバスなどを使うことができますが、一日に利用できる本数が都会とは比較にならないほど少ないことが多くあります。少ないところでは1日に往路と復路の各1本ずつしか走っていない場所なんかもあります。
田舎暮らしをしている地域によって異なりますが、外出する時に不便になってしまうことがデメリットです。車などの移動手段を持っていない場合、日常生活に必要となる食品などの買い出しにも不便さを感じてしまうのもデメリットになります。食料品や日用品などを購入する場合は、スーパーマーケットやホームセンターなどが必要ですが、都会に生活している場合は自宅からあまり離れていない場所にあるため、買いたい時にすぐに出向くことができます。田舎暮らしをしている地域ではホームセンターなどが近所にない場合が多いため、車などを使わなければ買い物などができません。気軽にショッピングなどができないことも、都会で生活している時とは違うデメリットです。スーパーマーケットなどだけではなく、病院などの医療機関が少なく近くにないこともデメリットになります。病気などになっても医療機関まで遠いため、症状を悪化させてしまう人も少なくありません。自然環境に恵まれていますが、田舎暮らしにはこのようなデメリットもあるので注意することが大切です。

コメント