田舎暮らしをもっと楽しむ方法

DIYのイメージ 田舎暮らし
スポンサーリンク
DIYのイメージ

田舎暮らしを始めてみると、これまでには体験することができなかったことを、もっともっと楽しみたいと思う人が多いかもしれません。
田舎暮らしをもっと楽しむ方法として、まず第一に挙げられるものがDIYや木工です。
田舎では大規模なホームセンターが充実している傾向にあり、何をやるにしても材料の調達が簡単だと言えるでしょう。道具も周りに持っている人が多いので、借りることができれば、DIYのハードルも下がります。
林業に携わっていたり、近くに林業に携わっている人がいるのであれば、木材を山から調達してくることもできます。
またちょっとした木や枝であれば、自分で集めることも容易にできます。お金をかけずに材料を集めることも意外に楽しいものです。

そしてこれまでに電車などの公共交通機関を利用することがほとんどだった場合には、ドライブも楽しむことができます。なんといっても渋滞もなく、信号もほとんど点滅信号であり、まっすぐな道が続きます。田舎暮らしでは移動は車が基本となり、車がなければどこにも行くことができませんが、反対に考えれば車があればどこにでも行くことができます。店は少ないですが、行動範囲も広がり、意外にも飽きることはありません。
そしてドライブに便乗して、アウトドアスポーツを楽しんでみるのもよいでしょう。都会にいれば休みにキャンプでもしようと思った場合には、車をレンタルし、つらい渋滞を超え、帰りも渋滞に巻き込まれて夜遅くに自宅に到着するという予測が立ち、なかなかやる気が出なくなってしまいます。しかし田舎暮らしであれば、アウトドアスポーツへのハードルも下がります。場所によってはシュノーケリングスポットまですぐに行くことができる場所もあり、その土地に合ったアウトドアを楽しんでみましょう。
そして田舎暮らしといえば、やはり地域のイベントです。青空マーケットや山菜採り、野外ライブなどをはじめとしたお祭りが数多く開かれます。このような場所で、人との交流も増えていくことでしょう。

コメント